2010年代前半(邦楽編)

2010年代のベストトラックを選ぶという企画を目にしたので参加してみることにしました。単に好きなだけで選ぶのではなくて、2010-2014が唄われている曲を中心にコンピレーションを作るように30曲を選んでいます。

※上からランキングではなく曲順です

 

 

01.Reiharakami×U-zhaan「川越ランデヴー」

02.So many tears「Amazing Melodies」

03.蓮沼執太フィル「Earphone & Headphone in my Head - PLAY0」

04.サカナクション「INORI」

05.くるり「glory days」

06.小谷美紗子「東へ」

07.狐火「原爆ドームの見方が変わった日」

08.アナログフィッシュ「hybrid」

09.銀杏BOYZ「ぽあだむ」

10.踊ってばかりの国セシウム

11.cero「Contemporary Tokyo Cruise」

12.七尾旅人「圏内の歌」

13.神聖かまってちゃん「夜空の虫とどこまでも」

14.ザ・なつやすみバンド「自転車」

15.うみのて「EIGA」

16.古宮夏希&コークスが燃えている!「もう少し」

17.toddle「minimal」

18.Galileo Galilei「Imaginary Friends」

19.andymori「Weapons of mass destruction」

20.ROVOECLIPSE

21.宮内優里「digo_」

22.salyu×salyu「奴隷」

23.BiS階段「nerve」

24.大友良英あまちゃんオープニングテーマ/ロングバージョン」

25.Kingdom★Afrocks「2vs98~ Loud Minority ~」

26.Oorutaichi「Futurelina」

27.片想い「踊る理由」

28.あらかじめ決められた恋人たちへ「Back」

29.壊れかけのテープレコーダーズ「Broken World」

30.大森靖子「さようなら」

 

 

 

 

01.Rei harakami×U-zhaan「川越ランデヴー」 (2010)

川越を旅したくなる。

 

02.So many tears「Amazing Melodies」(2012)


佐藤伸治の呼び声。

 

03.蓮沼執太フィル「Earphone & Headphone in my Head - PLAY0」(2014)

メンバー各々の活動を掘ってみるとさらに楽しい。 

 

04.サカナクション「INORI」(2013)

再生の音楽。 

 

05.くるり「glory days」(2012)

問いかけ。 

 

06.小谷美紗子「東へ」(2013)

葛藤と葛藤。

 

07.狐火「原爆ドームの見方が変わった日」(2014)

さけび。

 

08.アナログフィッシュ「hybrid」(2011)

おもてとうら。

 

09.銀杏BOYZ「ぽあだむ」(2014)

震災後3カ月の春先の空気感がつまってる。 

 

10.踊ってばかりの国セシウム」(2012)

世の中と個人の対比が深い。 

 

11.cero「Contemporary Tokyo Cruise」(2012)

彼らなりのレクイエムだと思う。 

 

12.七尾旅人「圏内の歌」(2011)

歌い継がれていくべき。 

 

13.神聖かまってちゃん「夜空の虫とどこまでも」(2010)

このメロディはまねできません。 

 

14.ザ・なつやすみバンド「自転車」(2012)

風景が浮かぶ。 スティールパン最高。

 

15.うみのて「EIGA」(2012)


宇宙。

 

16.古宮夏希&コークスが燃えている!「もう少し」(2013)

綾瀬側の荒川土手で聴いてる。 

 

17.toddle「minimal」(2011) 

 

 

18.Galileo Galilei「Imaginary Friends」(2012)

 

 

19.andymori「Weapons of mass destruction」(2011)

 

 

20.ROVOECLIPSE」(2010)

野音2010の鹿失踪VJを今でも覚えてる

 

21.宮内優里「digo_」(2012) 

聴くとアイデアがぽんぽんでてくる。 

 

22.salyu×salyu「奴隷」(2011)

LIVEが芸術作品。 

 

23.BiS階段「nerve」(2013)

なんでもあり。 

 

24.大友良英あまちゃんオープニングテーマ/ロングバージョン」(2013)

普段はノイズ大好きおじさん。 

 

25.Kingdom★Afrocks「2vs98~ Loud Minority ~」(2012)

反攻の音楽。 

 

26.Oorutaichi「Futurelina」(2011)

頭ん中どうなってるのか覗いてみたい。 

 

27.片想い「踊る理由」(2013)

自然におどってまう。

 

28.あらかじめ決められた恋人たちへ「Back」(2011)

Flyと並んであら恋の最高傑作だと思う。 ストーリーがある音楽。

 

29.壊れかけのテープレコーダーズ「Broken World」(2014)

かことみらい。

 

30.大森靖子「さようなら」(2012)

 すべてはさいごのひとことに。